アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ゆうの空色
ブログ紹介
zoom RSS

国家資格

2007/07/21 13:00
介護福祉士は国家資格なのをご存知ですか?介護福祉士の資格を取るには大きく分けて二つの方法があります。一つは国家試験を受験して取得する方法で、受験資格は介護施設で介護業務に3年以上従事した者、またはそれに準ずる者に与えられます。もう一つは専門の養成施設で学ぶ方法があります。この場合は介護福祉士養成施設(2年)を卒業した場合に卒業時に国家資格を取得することができます。


13科目もある介護福祉士の国家試験の筆記試験。受験者は自己学習したり、講座に出席したり、通信講座を受けたりとそれぞれの学習法で必死に学習しています。この筆記試験をクリアすると次の実技試験を受けることができるのです。実技は介護等に関する専門的技能にいての試験です。


介護福祉士になるための関門、国家試験。介護福祉士になるためには合格しなくてはなりません。でも、一人での学習はどうしてもくじけがちです。ちょっとくじけそうになったら、同じ目標に向かっている仲間を見つけて、一緒に励まし合いながら学習するといいかもしれません。


「介護福祉士にはなりたいけど国家試験は難しそう」と不安になっているあなた。まずは試験にむけての勉強を始めてみてはいかがですか?インターネットでも書店でもさまざまな試験情報をすぐに集めることができます。いろいろな情報からあなたに合う学習法を見つけて国家試験に向けて頑張りましょう。


社会の高齢化が進む中、需要が増えてきている介護福祉士。そして介護福祉士の登録者も年々増えてきています。介護福祉士は国家資格で国家試験は1次の筆記試験が通過すると、2次の実技試験を受けることができる2段階方式の試験となっています。知っていましたか?


介護福祉士の実技試験で必要な持ち物は、「実技試験受験票、試験会場案内図、介護業務に適した衣服と靴」です。注意しなければ行けない点は、遅刻です。遅刻者は受験することができないので時間に余裕をもって会場にいきましょう。せっかく筆記が通過したのに遅刻で実技が受けられなかったら悔やんでも悔やみきれないでしょう。


介護福祉士の国家試験は1次の筆記試験が終ってもその後に2次の実技試験があるので、二つが終るまで気を抜くことができません。一次が受かったら残るは5分ほどの実技のみ。ここで失敗しないためにも、実技試験の前には声を出す練習、実技をスムーズにする練習を繰り返し行って、最後まで気を抜かないことが大切です。


夢の介護福祉士まであと一歩まできている人も、まだもうちょっとかかるという人も、この難関の筆記・実技試験をクリアしたら、晴れて介護福祉士の仲間入りです。これからたくさんの人に必要とされ愛される介護福祉士。是非この介護の分野を支えて行ってください。


気持ちだけではなかなか続けられないのが介護の仕事。精神力と体力のバランスがとれていなければ続けていくことがとても難しいのが介護の仕事です。きれいごとだけではとても続けていくことができない介護の仕事の一つに介護福祉士があります。介護福祉士、ご存知ですか?


介護福祉士は身体的、あるいは精神的に障害がある方の日常生活の行動、例えば、入浴や食事、排泄などの介護や、家族などの介護者に指導やアドバイスを行います。社会福祉士がソーシャルワーカーとも呼ばれるように、介護福祉士もケアワーカーとも呼ばれています。


介護福祉士の仕事に実際に就いて、あまりの辛さや理想とのギャップで辞めていく人もたくさんいます。それは介護福祉士がとても大変な仕事だからです。ではどうしてそれでも続けている人がいるのか?それは感謝されること喜んでもらうことへのこだわりを越えたところにある心の触れ合いがその仕事の辛さを癒してくれるからのようです。 


これから介護福祉士を目指す人も、そして今国家試験に向けて頑張っている人も、是非肉体的な強さと精神的な優しさをもった介護福祉士となってください。これから介護はどんどん広められなければ行けない時代になっています。是非これからの日本のために介護福祉士の職を確立させてください。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月別リンク

ゆうの空色/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる